2007年03月12日

我が家の犬社会

我が家には家族(人間)と生活する社会の中に、もう一つの社会(犬社会)があります。
犬社会のリーダーはアフガンハウンドの「クラウン」です。
彼は犬たちをまとめ、守ろうとする気持が強く、そのような行動がよく観られます。
例えば不信なモノを見た時、すぐさま他の犬たちを自分の後ろへまわらせ、先頭に立って警戒の様子を示します。
私が居ればすぐに引っ込んで来て、少々小心者の彼と私は思っているのですが、居ない時は彼の正義感が働くのかもしれません。
また私が居ない時に限っては部外者の進入を許さないところからも、信頼できる番犬となってくれます。
そんな彼ですが、女の子や小さい子に優しいのも彼の良さです。
力でなら当然勝てる相手です。でも女の子のワガママや子犬の無邪気さには「とてもかなわない」といった表情をします(笑)

また、犬同士でのこんな一面がよく見られます。
ある犬がいけないことをした時、私の怒っている様子を見て、傍にいた犬が私の代わりにその犬を叱ってくれます。
そして私の前でお座りして、お手のしぐさで甘えて「もう怒らないで」と訴えます。
怒られた犬の顔を舐めて慰めるしぐさもよく見られます。

子犬に対しては本当に優しいです。
常に成犬の一人が子犬の傍から離れずに上手く子犬を誘導し、お腹をみせてそれは上手に遊んであげます。
そしてルール違反をした時は、ちゃんと子犬を叱ります。
中々人が子犬をきちんと叱り教えることは難しいことですが、、、とてもよいタイミングでしっかり叱ります。
子犬は驚いてキャンキャンと悲鳴をあげますが、決して怪我をさせたり、酷く子犬を怖がらせ過剰なショックを与えたりはしません。
子犬の反省を暖かく迎え、すぐに子犬と仲良しに戻ります。

おやつの時間。ちゃっかりともらうのが上手な子がいます。
1つしかもらえない子、3つももらえた子。くわえていた半分をほかの子に横取りされた子。。。
何度も催促する子もいれば、大人の犬の中には1つもらえれば後ろに下がって他の子に譲る子もいます。
でも、例え1つも貰えなくても、、、決して喧嘩したりはしません。


などなど、、、書きたいことは沢山ですが、、、
人間社会はどうでしょうか?自分自身はどうでしょうか、、、?
私自身には、なんだか恥ずかしい点があるような気がします。。。

犬とは「なんて暖かい、なんて素晴らしい生き物なんだろう!」と感動します。

*子犬を見守る成犬*
クラウン&エラン137-3710_IMG.JPG

*遊びを教える*
クラウン&エラン137-3708_IMG.JPG


ニックネーム HORTE at 23:09| Profile(自己紹介) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする